TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008特集
「FIFAクラブワールドカップ決勝戦 チケットプレゼント」当選者観戦レポート

 昨年行われたTOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008特集Wチャンスにおいて、見事決勝戦チケットが当選したJFAコミュニティメンバーから、観戦レポートが届きました!
 コミュニティメンバーが見た世界トップレベルの試合の模様をご紹介します。
観戦レポート1:ライオンさん(JFA登録サッカーC級コーチ、3級審判員)

TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008決勝、そして準決勝(国立)を観戦して、やはり世界のスタンダードはすごいと思いました。息子と2人で1プレー1プレー息をのんで見ていました。特に、守備から攻撃に移ってからのスピード、シュートまでやりきる技術、力強さにはため息ばかりでした。普段、ジュニアのコーチをしている時に特に重要だなと感じていたことはトラップの技術ですが、それもワールドクラスの選手が生で手本を見せてくれ、さらに感じました。次に日本で大会をやるときもぜひ見たいと思いました!
観戦レポート2:谷口愛さん(JFA登録サッカー4級審判員、フットサル4級審判員)

行ってきました!超満員のスタジアム。非常に風が強い中での決勝でしたが、大好きな“クリロナ”のスピードは圧巻で、涙が出そうになるくらいの感動がありました。普段、兄と二人で観戦という機会はほとんど無いため、2人で「クリロナー!」と叫んだり笑えたことが嬉しくもあり、とても思い出深い日となりました。今回の試合、リガ・デ・キトのマンソ選手が光っていました。あまり知らない選手だったので、こういう発見があるのもクラブワールドカップならではだなと感じました。ますます海外サッカーにはまりそうです!
*ピッチ内にビニールが入り込む場面が何度か見られましたが、あの場合、レフェリーは対応するべきではないのかな?と、気になりました。
観戦レポート3:上口洋典さん(JFA登録サッカー4級審判員)

スタジアムに入る前から小倉隆史さんのワンポイントアドバイスでスパイクをいただいたり、親子で楽しめた決勝戦となりました。
 「FIFAクラブワールドカップ決勝戦 チケットプレゼント」当選者観戦レポートはいかがでしたか。世界最高峰のサッカーをスタジアムで肌で感じることができた興奮や感動が伝わってくるようです。JFAコミュニティでは、今後もコミュニティメンバーの皆さんの日々の審判・指導者活動に活かせる情報を掲載していきますので、ぜひご期待ください。

「S級審判インストラクターと見るFIFAクラブワールドカップ」実施レポートはこちら


戻る
/ -->